頑張りが評価され
自己成長につながる。

Yusaku Minami

南 勇作

営業
2016年入社

INTERVIEW
株式会社ミニミニで働く仲間をご紹介します。

就職活動中に大変だったことは?

1日の大半を野球部の活動に費やしていたため、学業や就職活動との両立が大変でしたね。みなさんも同じだと思いますが、時間の使い方には工夫が必要でした。 優先順位を考え時間を有効に使うことは、会社に入っても大切になってくると思います。

入社のきっかけは?

学生時代に野球部に所属しており、監督の勧めで入社しました。不動産業界や営業職には元々興味があり、中でもミニミニは学生野球のスポンサー企業として社名を知っていたので、知名度の高さや安定性に魅力を感じました。
また、数字を上げればきちんと評価される会社と聞き、負けず嫌いな私にとってはそのような環境なら頑張っていけると思ったのも理由の1つです。

入社後のギャップは?

入社前は専門的な知識が無かったので不安でしたが、研修で多くのことを学べますし、店舗では先輩がイチから教えてくれるので全く問題ありませんでした。
元々野球部出身の私には、体育会系の厳しい上下関係をイメージしていましたが、風通しの良い会社なので、分からない事はどんどん質問ができる環境に、良い意味でギャップを感じました。

入社してから学んだことは?

お客様やオーナー様と接する中で大切なことは、信頼関係であると学びました。若くて経験の浅い私には、簡単にお客様やオーナー様と信頼関係を築くことが難しかったので、雑談などで場を和ませ、距離を縮められるよう心掛けています。
野球好きのオーナー様とは野球の話をすると、ぐんと距離が縮まりますね。

仕事上のやりがい・喜びとは?

受験を控えたお客様から、入試やお部屋探しの不安などの相談を受けておりましたが、合格発表当日、「南さん、合格しました!」と連絡を受け、お客様と一緒に喜べたことが印象に残っています。
このように、日々お客様の人生の節目に寄り添えることに、やりがいや喜びを感じます。

ミニミニに合っていると感じる人はどんな人ですか?

お客様やオーナー様の要望を汲み取るには、日常会話などを通して、相手に心を開いてもらう必要があります。そのためには、相手を思いやる気持ちが必要であり、それを自然と行動に移せる人が向いていると思います。
私は日々、目配り・気配り・心配りを大切にしています。また、たくさんの方とお話をするので柔軟に会話をしたり、しっかりと話を聞くことができるのも大事だと思います。

学生に向けてのメッセージ

ミニミニは、頑張れば頑張った分だけ評価してもらえる会社です。入社後、成績次第ですぐに役職がつく事もあり、若いうちから責任のある仕事が出来ることも自己成長につながります。
また、入社前に様々な経験をしておくと、お客様やオーナー様との会話の種になるので、新しいことへも積極的にチャレンジしてみましょう。皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。