ミニミニの仲介手数料は家賃の50%(別途消費税)です。※福岡の直営店・駐車場・店舗・事務所・業者仲介及び紹介契約は対象外。FC店舗は各店にお問合せください。

HighGrade

ミニミニで探す5つのメリット

ミニミニは、学生さんの新生活を応援しています。

お役立ち情報

Useful Information.
お役立ち情報イメージ

知っておきたいお部屋探しのコト。

お部屋探しの基礎を知ろう!

在校生の皆さんへ

To undergraduate students
在校生の皆さんへ

新生活は、いつからでも。

学生応援活動

Student support
在校生の皆さんへ

頑張る皆さんを応援します!

ミニミニは、親元を離れ、ひとり暮らしを始める学生さんを応援するとともに、アマチュアスポーツ競技の支援活動を通して、皆様の学生生活を応援しています。

NEW!
【関東学生ハンドボール連盟主催 『就職フォーラム2019』が開催されました】
2018年2月11日(日)、国際新赤坂ビル東館内にある、TKP赤坂カンファレンスセンターホール13Aにて、ミニミニ・ミニテックが公式サポーティングカンパニーを務める、関東学生ハンドボール連盟の所属学生さんに向けた就職イベントが開催されました。 選手の皆さんは、リーグ戦優勝、日本一を目指し日
2018/02/14
TEAM
【立正大学 硬式野球部ファン必見!〜1部優勝、そして日本一へ!!〜】
立正大学硬式野球部は、1949年に硬式野球部が発足し、1964年に≪戦国東都≫とよばれている大学野球界屈指の“東都大学野球連盟”に正式加盟。2009年秋季リーグ戦、悲願の1部優勝を果たすと、その勢いのまま秋の全国大会である“明治神宮野球大会”でも初出場
2017/07/27
TEAM
【国士舘大学男子ハンドボール部を取材!〜2020年東京オリンピックのヒーローを探せ!〜】
国士舘大学男子ハンドボール部は、長年“関東学生ハンドボール連盟1部リーグ”を維持し、2016年の『全日本学生ハンドボール選手権(インカレ)』では、6年ぶり3回目の優勝を果たすなど、全国から注目される強豪チームで、日本代表選手を輩出している名門校です。今回は、国士舘大学男子ハン
2017/07/19
TEAM
【国士舘大学女子ハンドボール部を取材!〜2020年東京オリンピックのヒロインを探せ!〜】
国士舘大学女子ハンドボール部は、男子チームに勝るとも劣らないスピーディーでパワフルなチームであり、学生女子ハンドボール界最高峰の“関東学生ハンドボール連盟1部リーグ”に所属しています。チームのモットーは、『目配り・気配り・心配りを!皆から応援され感動を与えるチームへ!!』それ
2017/07/19
TEAM
国士舘大学 硬式野球部ファン必見!〜悲願の1部復帰へ!!〜
1959年に創部し、同年に“東都大学野球連盟”に加盟。そして1974年秋、1部へ初昇格を果たすも、翌年の春に2部へ降格してしまう。1977年春、1部に再度昇格をすると、1979年秋、ついに悲願でもあった1部優勝を成し遂げた。しかし、翌年の春に再び2部へ降格してしまった。1部へ
2017/07/16
TEAM
【札幌国際大学ハンドボール部(男女)を取材!〜2020年東京オリンピックのヒーロー・ヒロインを探せ!〜】
札幌国際大学ハンドボール部は、男女ともに2007年創部と歴史は浅いながら、ともに北海道学生ハンドボール連盟の1部に所属している。女子チームは、2009年春季リーグ戦で1部初昇格をすると、2012年春季リーグ戦で悲願の初優勝を果たす。現在は、2015年春季リーグ戦から2017年春季リーグ戦まで5季連続
2017/07/13
TEAM
東都大学野球連盟 加盟大学チーム取材 第一弾:駒澤大学
加盟大学チーム取材第一弾:駒澤大学ミニミニ・ミニテックが協賛している、『東都大学野球連盟』の加盟チームに取材をさせて頂きました。第一回目は、“駒澤大学”です。【駒澤大学硬式野球部ファン必見!〜名門復活へ!1部復帰への道!!〜】駒澤大学硬式野球部は1947年に創部。&ldquo
2017/06/09
TEAM
全日本大学野球選手権大会 出場チーム 密着取材!2年連続2回目の出場 共栄大学
新井崇久監督インタビュー 《部員4名から始まった野球部〜創部からリーグ戦初優勝までの軌跡》学校法人共栄学園に四年制大学が創設されたのは、2001年。野球部が創部されたのは、翌年の2002年の秋であった。新井崇久監督は、2003年から共栄大学監督に就任。野球部の立ち上げと、東京新大学野球連盟
2017/06/02
Presented by

ミニミニ学生支援部

このページは、学生の皆様のひとり暮らしとキャンパスライフを応援する、ミニミニ学生支援部が運用しています。大学への説明会や、スポーツ大会の応援・SNSなど学生の皆さんとの交流の深いスタッフが活動しています。