どんなに小さいことでも
言葉で伝えてくれる雰囲気。

Akina Tsuji

辻 明那

一般職
2016年入社

INTERVIEW
株式会社ミニテックで働く仲間をご紹介します。

就職活動中に大変だったことは?

自分が本当に就きたい仕事を見つけるのが大変でした。
大学が建築学科だったので、学んだことを活かした技術職を選ぶか…それとも、結婚・出産後でも働ける職業を選ぶか…とても迷いました。初めて将来のことを真剣に考えた期間ですし、家族とも何回も喧嘩しました。
最終的には大満足の結果となり、悩んだ甲斐は大いにありました。

入社のきっかけは?

実は、入社前に迷っている会社がミニテックの他にも一社ありました。どちらも魅力のある会社だったので、本当に迷いました。そこで決め手となったのは面接をして下さった人事の方と役員の方が、親身になって話を聞いてくださったことです。もちろん、入居者様や家主様とお話ができ、普通の事務職より仕事内容が濃いことも理由ですが、一番は『人』です。

入社後のギャップは?

社内の雰囲気が明るい!と感じました。入社前から、設備の不具合に対して怒った方からの電話が多いと聞いていたので、支店内は謝罪の嵐なのかも、と思っていました。でも、謝罪をする電話が多い会社だからこそ『支店内は良い雰囲気にしよう』と店長を筆頭に先輩社員が明るい雰囲気を作ってくれています。わからないことがあれば、理解するまで教えてくれたり、雑談をしてくれることも多かったり、忙しい時はバタバタすることもありますが、帰る時は笑顔で帰れます。

入社してから学んだことは?

社会人としてのマナーと、建物に関する知識です。研修の際に、メンテナーと同行して実際の建物を見て作業をさせてもらう機会がありました。そのおかげで、今住んでいる家で起きるような軽い不具合なら自分で直せます。浴室のドアの閉まりが悪い、水道の水切れが悪い、そんな時は私に任せてください!

仕事上のやりがい・喜びとは?

事務職ですので、入居者様や家主様から直接お礼を言われる経験は少ないですが、メンテナーの方々から、大切に接して頂いていると感じます。外出中に何かを対応した時は「ありがとう」、お叱りを頂いた時は「ごめんね」と、どんなに小さいことでも言葉で伝えてくれているので、とてもありがたいです。

ミニテックに合っていると感じる人はどんな人ですか?

『ソウレンホウ(相談・連絡・報告)』がしっかりできる明るく素直な方だと思います。ソウレンホウは働く上で当たり前のことですが、忙しかったり、余裕がなくなったりすると出来なくなることが多いです。どんな小さな内容でもしっかり伝えることができれば上司・同僚との間でもお客様との間でも信頼に繋がると思います。あとは、素直に喜んだり、反省したり、自分にベクトルを向けられる方は楽しく働ける会社だと思います。

学生に向けてのメッセージ

大袈裟だと思うかもしれませんが、就職は人生のうちでひとつの大きな分岐点です。特に私の場合は夢と現実の間で悩んだり、実家に帰るか東京に残るか、ということでもかなり葛藤したので、本当に真剣に就活に取り組んでほしいと思います。あと、上京している方はたくさん実家に帰ってください。社会人になると、連休があっても友達と会ったり、家の掃除をしたりと、なかなかゆっくり帰省できなくなっちゃうので。親御さんにぜひ顔を見せてあげてください!

ENTRY

株式会社ミニミニの新卒採用エントリーはこちらから
※マイナビの専用ページが開きます。

応募する