努力が目に見える
数字になって実感できる。

Seiya Tanada

棚田 晟矢

営業
2016年入社

INTERVIEW
株式会社ミニミニで働く仲間をご紹介します。

就職活動中に大変だったことは?

上京し一人暮らしをし、家事・アルバイト・勉強そして就職活動を両立させるのが大変でしたね。みなさんも同じだと思いますが、1日の時間の使い方には工夫が必要でした。
優先順位を考え時間を有効的に使うことは、会社に入っても大切になってくると思います。

入社のきっかけは?

私は、もともとホテル業界に就職希望だったんです。接客という面でホテル業界の会社説明会にも参加していたのですが、お客様と長くお付き合いのある不動産業界に魅力を感じました。
また、努力が成果となって実感できるミニミニの制度にもやりがいを感じることができると思い、入社を決意しました。

入社後のギャップは?

入社前のイメージはお部屋を見つけてお客様をご案内し契約するというシンプルなものでした。しかし、紹介させて頂く物件の数を増やしたり、お客様により気に入ってもらえるお部屋になるよう大家さんに提案したり、お部屋探しのための準備をする仕事があることを知ったのは入社してから感じたギャップでした。
自分が提案したお部屋を自分で契約した時はいつもの契約よりも嬉しかったですね。

入社してから学んだことは?

時間を大切にするということです。店長や先輩方から何かを教えてもらう時にも、その人の時間を自分のために使って頂いているということや、お部屋探しの際もお客様の貴重な時間を使って頂いているということを意識しなければいけません。
そのためには、連絡事項は端的に伝えること、事前準備をしておくことを私は心がけています。

仕事上のやりがい・喜びとは?

店長に褒められることです。ご指導・ご鞭撻を頂きながらも成果を上げた時には褒めてもらえます。それは自分の自信に繋がりますね。
また、努力が目に見える数字となって実感できる点は特にやりがいを感じます。

ミニミニに合っていると感じる人はどんな人ですか?

負けず嫌いな人です。良くも悪くも自分の成績が数字となって分かるので目標設定がしやすいです。目標はライバルを抜くことでも、自分の立てたものでも良いと思います。
仕事内容は複雑なものではなく、やる気と根気、そして時間を効率的に使う行動管理スキルがあればきっとうまくいきます。

学生に向けてのメッセージ

入社するまでの期間、たくさん旅行した方が良いと思います。
仕事をし始めるとなかなか長期で旅行は難しいのと、案内中お客さまと車の中で会話するときの話の種になりますからね。新入学の時期は特に日本全国からお客様がいらっしゃるので、ご自身が一度行ったことがある場所だと盛り上がるかもしれないですね。
好きなことを好きなだけチャレンジして、仕事にも活かせるようにしてください!

ENTRY

株式会社ミニミニの新卒採用エントリーはこちらから
※マイナビの専用ページが開きます。

応募する