外国人・留学生向けの賃貸・GUEST HOUSE

外国人・留学生のお部屋探しは、
外国語のできる私たちにお任せください。

TEL:0120-332-324(日本国内から)
   81-36718-1576(海外から)

生活支援情報

日本での生活に関する情報です。緊急の場合の対処法や働く先の探し方などをご紹介しています。

① 緊急のときはどうしたらいい?
緊急の場合連絡先対応方法
急病の場合119急病やケガをした時(特に夜間)は、「119」番に電話をしてください。消防庁の方に「火事ですか?救急ですか?」と聞かれます。
そうしたら
  1. はっきり「救急です」とお伝えください。
  2. そして、何が起こったのかを説明します。
  3. その後は消防庁方の質問に従い住所・氏名・救急内容・連絡先などを正確にお伝えください。
    また、付近の目標となる建物や住居表示板等に表示されている所在を確認して通報して下さい。
  4. 連絡したのち、救急車が駆けつけます。
火災の場合119火事が起こったとき、必ず大声で「火事だ!」と叫んで周囲の人に知らせてください。その後、「119」番に電話をします。「火事ですか?救急ですか?」と消防庁の方に聞かれます。
そうしたら
  1. はっきり「火事です」とお伝えください。
  2. その後は消防庁方の質問に従い、住所、氏名、近くの目標物等を正確にお伝えください。
  3. 連絡したのち、消防署は、消防車と救急車の出動を行います。
空き巣・盗難の場合110空巣・盗難にあったときは、最寄りの警察署に電話をするか、「110」番(警察)に電話をしてください。
通帳・キャッシュカード・クレジットカードを盗まれた場合は、すぐに銀行やクレジットカード会社に連絡してください。暗証番号・パスワードは絶対他人に知られないように十分注意してください。
「110」番(警察)に連絡したときに「どうしましたか?」と聞かれます。
そうしたら
  1. 落ち着いて、何が起こったのか正確に伝えましょう。
  2. 空巣の場合は部屋に入らず外で待ちましょう。現場保存は厳守して下さい。
  3. 住所・氏名・連絡先を正確にお伝え下さい。
  4. 連絡したのち、最寄りの警察署・交番から警察官が駆けつけます。
交通事故にあった場合交通事故に遭ったときは、すぐに警察署「110番」に連絡してください。けが人がいる場合は、「119」番にも電話をして救急車を呼んでください。警察に連絡するほどの被害でない場合でも、相手の名前および連絡先を忘れずに聞いてください。交通事故の場合は警察に連絡して処理してもらった方がトラブルになりません。
地震の場合地震だ!と揺れを感じたら、まず身の安全を最優先に行動しましょう。丈夫なテーブルの下や、物が「落ちてこない」「倒れてこない」「移動してこない」場所に身を寄せ、揺れがおさまるまで様子を見ましょう。
  1. 大きな地震の場合は、揺れが収まってから、火元を消しましょう。
  2. 大きな地震に備え、水は常時貯めておきましょう。お風呂の水、ペットボトルの水、バケツ一杯でも構いません。
  3. 大きな地震の場合は家を離れるときブレーカーを落としてから外出しましょう。
津波の場合地震の揺れがそれほどでなくても津波が起きるケースがあります。警報が鳴ったら、まずは避難を最優先してください。
また、普段津波がない地域でも、津波に襲われるケースがありますので、気象庁の津波情報に耳を傾けましょう。津波が来たら、出来れば海岸から離れた高い場所へ避難しましょう。(例えば、高い頑丈なビルなど。)
伝言サービス
② ハローワークのご紹介 ハローワーク = 公共職業安定所(職安)

公共職業安定所の愛称がハローワークです。全国約660ヵ所に設置されています。

【ハローワークの主な業務】
● 無料の職業紹介 ● 失業保険の給付 ● 雇用保険事業の実施外国人の方が日本で仕事を探す場合、厚生労働省所管の公共職業安定機関である【外国人雇用サービスセンター】を利用すると便利です。
東京外国人雇用サービスセンター

就職・在留資格等のご相談・紹介を行っているところです。

センター名所在地電話番号ファックス番号
東京外国人雇用
サービスセンター
〒163-0721
東京都新宿区西新宿2-7-1
(小田急第一生命ビル 21階)
03-5339-862503-5339-8654
開庁時間:8時30分〜17時15分(土・日・祝日及び年末年始は休み)
最寄り駅:JR山手線 新宿駅 西口下車 徒歩約10分
都営地下鉄大江戸線 都庁前駅 下車 徒歩約4分
営団地下鉄丸ノ内線 西新宿駅 下車 徒歩約6分
詳しくは外国人雇用サービスセンター公式ページをご覧ください。 新宿外国人雇用支援・指導センター

アルバイト・配偶者・在留資格等の相談・紹介を行っているところです。

センター名所在地電話番号ファックス番号
新宿外国人雇用
支援・指導センター
〒160-8489
東京都新宿区歌舞伎町2-42-10
(ハローワーク新宿[歌舞伎町庁舎]1階)
03-3204-860903-3204-8619
開庁時間:8時30分〜17時15分(土・日・祝日及び年末年始は休み)
最寄り駅:JR山手線 新宿駅 東口下車 徒歩13分
西武新宿線 西武新宿駅 北口下車 徒歩1分
営団地下鉄丸ノ内線 西新宿駅 下車 徒歩約6分
詳しくは外国人雇用サービスセンター公式サイト内新宿外国人雇用支援・指導センターページをご覧ください。 ③ 大使館情報
中国国旗 駐日中華人民共和国大使館・総領事館
韓国国旗 駐日大韓民国大使館・総領事館
ベトナム国旗 駐日ベトナム社会主義共和国大使館・総領事館
マレーシア国旗 駐日マレーシア大使館・総領事館
タイ国旗 駐日タイ王国大使館・総領事館
インドネシア国旗 駐日インドネシア大使館・総領事館
ネパール国旗 駐日ネパール連邦民主共和国大使館・総領事館
アメリカ国旗 駐日アメリカ合衆国大使館・総領事館
バングラデシュ国旗 駐日バングラデシュ人民共和国大使館・総領事館
モンゴル国旗 駐日モンゴル国大使館・総領事館
ペルー国旗 駐日ペルー大使館・総領事館
インド国旗 駐日インド大使館・総領事館
ブラジル国旗 駐日ブラジル大使館・総領事館
フィリピン国旗 駐日フィリピン共和国大使館・総領事館
イギリス国旗 駐日英国大使館・総領事館
上記以外の大使館・総領事館に関しては外務省:駐日外国公館ホームページをご覧ください。
④ 国民健康保険について

日本で3月を超える滞在期間が見込まれる外国人で在留資格が「短期滞在」や医療を受ける活動又はその方の日常の世話をする活動を指定されている「特定活動」の方、会社等の健康保険に加入中の方、生活保護を受給中の方以外の方は国民健康保険に加入できます。
日本に3月を超えて滞在する留学生は国民健康保険へ必ず加入しなければなりません。
最寄りの市役所や区役所の国保窓口に問い合わせてみて下さい。
家族のいる留学生や外国人研究員の場合、家族も加入することができます。

国民健康保険に加入すると、毎月保険料を払う代わりに、医療機関で診療費の全体の3割を払うだけで治療を受け、薬がもらえます。

加入の手続き

住んでいる市役所や区役所の保険窓口に行き、加入手続きをします。

【必要書類】
パスポート/在留カード または パスポート/外国人登録証明書※土日祝日はお休みです。平日の9:00〜17:00ぐらいをめどに行きましょう。

<注意>日本に来て在留期間が3ヶ月以下でも、在留資格が「興行」・「技能実習」・「家族滞在」・「公用」・医療を受ける活動、及びその方の日常生活上の世話をする活動と指定されている方を除く「特定活動」の場合、資料により3ヶ月を超える滞在をすると認められる方は加入できる場合があります。

保険料

毎月支払う保険料は住んでいる市役所や区役所によって異なります。
保険料は条件によって減税制度もあります。市役所・区役所の保険窓口に相談してみましょう。

【注意】
日本に来てすぐに加入しなかった場合、加入していない時期の保険料も発生しますので気をつけてください。※土日祝日はお休みです。平日の9:00〜17:00ぐらいをめどに行きましょう。
詳しくは【東京都福祉保険局 国民健康保険のあらまし】を参考にしてください。 外国人の方はコチラの【医療情報サービス】を参考にしてください。
国際課の活動について
お部屋探しガイド
生活支援情報
  • 在留カードQ&A
  • 入国管理局
全国ネットワークミニミニ店舗紹介
東京都
千葉県
埼玉県
神奈川県
長野県

… 外国語のできる
        スタッフ常駐店舗

注)ご不明な点はミニミニ国際課まで
  ご連絡ください。