現在位置: [賃貸]お部屋探しのミニミニTop > お部屋探しガイド > 生活の知恵

お部屋探しガイド

生活の知恵

  • 食事編
  • 掃除編
  • 洗濯編
  • 収納編
  • 病気編
  • 水回り編
  • マナー編

食事編

・ごはんを炊く
食事の度にお米を研ぐのは面倒なものです。一度にたくさん炊いて、一食分ずつラップに包んで冷凍すれば、電子レンジで解凍してまた美味しくいただけます。食パンも冷凍保存が可能です。
・野菜不足
ひとり暮らしで不足しがちな野菜は、冷凍野菜を活用してみて!電子レンジで解凍すれば野菜不足を補えます。
・料理初心者
レトルト食品や缶詰など、今は美味しい物がたくさん出ています。これにひと手間加えたアレンジメニューなら初心者でも簡単にできそう!?
・節約
生鮮食品は閉店間際に値引きされることも多いです。スーパーマーケットを賢く利用しましょう。

掃除編

・ガスレンジ回り
みかんの皮が大活躍しますよ!皮の内側の白い部分で汚れをこするように拭き、頑固な汚れには外側の面をギュっと絞って拭き、布で水拭きすればキレイになります。
・トイレ
汚れやすいトイレは、汚れがこびりつかないようにこまめに掃除をしましょう。汚れたらすぐに掃除をすることを習慣づけましょう。
・じゅうたん
じゅうたんやカーペットには見えないホコリがどんどん溜まっています。ゴム手袋をはめてこすると、そんなホコリもキレイに取ることができますよ!
・風呂場、押入れ
カビが発生しやすいため、換気はまめに。通気性が悪い場所は、扇風機を使用して風を入れてやると効果的です。

洗濯編

・洗濯槽はカビがいっぱい
洗濯槽も掃除をしないと、カビが増殖します。洗濯機に水をいっぱい入れて、カップ1杯の酢を加えて回します。月に1?2回の割合で行えば洗濯槽はいつも清潔です。
・水道代を浮かそう
お風呂の残り湯を使うと経済的。ただし、すすぎはきれいな水で行います。
・アイロン要らず!?
洗濯物を干すときに、縫い目部分をきれいにのばし、襟や袖は手のひらで叩いて形を整えましょう。
・お気に入りを長く着る
色物・柄物と白い衣類は別にして洗濯をしましょう。

収納編

・収納スペースを確保
ベッドの下、押入れや本棚の奥など、デッドスペースを有効利用しましょう。ホームセンターなどで、すき間を有効活用できる収納グッズなども売られていますよ!
・収納上手になろう
衣類をタンスやケースに詰め込みすぎると、型崩れやシワの原因になりますので詰め込みすぎには気をつけて!色別に分けて収納すれば、何が何枚あるかをひと目で把握できますよ。
・衣類収納は縦に!
多くの人がやりがちな、衣類を平面に畳んで地層状に積み重ねる収納。これでは下の衣類は着る機会も減少します。衣類を三つ折くらいに畳んで床と垂直に収納すれば、一目で確認できますよ。
・収納の基本ルール
使う目的や物によって、便利で使いやすい収納場所を決めましょう。また、使ったら元の場所に戻す、戻したら使うを習慣づけましょう。使わない物はしまわないこと!これがポイントです!

病気編

・いざという時のために
常備薬を用意しておくことは勿論、いざという時のために休日夜間診療所の連絡先と場所はチェックしておきましょう。
・常備薬
ひとり暮らしを始めてから常備薬の買い出しに行っても、いつも実家に置いてあった常備薬は何だろうと迷ってしまうことも。新生活を始める前に家族と一緒に購入しておくのがオススメです。
・切り傷処置
つい包丁で指を切って出血してしまった時などには、応急処置として、まずは傷口を冷水で洗い流し清潔にします。あとは患部を市販のラップでぴっちりと空気が入らないように包めばOKです。
・救急車を呼ぶとき
大きな病気や怪我などで自分ではどうにも対処できないときは救急車を呼びます。「いつ・どこで・どうしたか」「容体」「場所」「電話番号」「名前」を説明しましょう。

水回り編

・パイプ詰まり
流しで大きなゴミが流れ、パイプ詰まりするというトラブルがあります。日頃から水切りネットを使えばそんなトラブルも防ぐことができます。
・水回りを清潔に
お風呂場・トイレ・キッチンなどは掃除をサボっているうちに汚れが定着してしまいます。自分では分からなくても来客があった時などはかなり目についてしまいますよ!
・排水口の匂いとぬめり
水に溶け人体に無害な重曹を使いましょう。カップ1杯の重曹を排水口に流し入れ、お湯を注ぐだけで嫌な臭いが消え、パイプ内の汚れもキレイになります。
・つけ置き洗い
風呂桶や風呂椅子などの水垢やヌメリなどは、浴槽内でのつけ置き洗いがおすすめ。つけ置き洗い用の洗剤を入れて洗えば、小物類も浴槽もキレイになりますよ。

マナー編

・集合住宅ならではのマナー
夜中に騒ぐなんてもってのほか!ステレオの下に防音マットを敷いたり、テレビの音量に気をつけたり、ドアの開閉音に注意したりなど、細かい気配りが大切です。
・騒音防止対策
もし隣の部屋がうるさかったら、背の高い家具を壁際に置くと効果的。外の騒音には厚手のカーテンで対策するという手もあります。
・ポストインのちらし類
エントランスにポストがある場合、DMやちらしなどを溜めてポストから溢れてしまうと、他の住民にも迷惑が掛かる上、不審火の原因になることもあります。郵便物はお部屋に持ち帰りましょう。
・ゴミの日は守ろう
前日に出してはいけない地区も多いため、ルールはきちんと守りましょう!分別も確実に!