現在位置: [賃貸]お部屋探しのミニミニTop > お部屋探しガイド > ひとり暮らし体験談

お部屋探しガイド

生活の知恵

  • ひとり暮らしを始める前の不安
  • ひとり暮らしを始めてからの困惑

ひとり暮らしを始める前の不安

治安や防犯面

ガラの悪い人が多くて、治安の悪い場所だったらどうしようかと心配だった。

女性のひとり暮らしかつ、住人がほとんど男性のマンションだったので、色々と不安になった。

アドバイス:

他の入居者の雰囲気やその地域の治安はミニミニスタッフなどに聞いて事前にある程度リサーチできます。女性なら、女性専用を選ぶことで不安を一つ解消できますよ。

金銭関係

最初にどのくらいの費用がかかるか不安だった。

生活費がどのくらいかかってくるのか。生活費のやりくりが自分でできるか。

アドバイス:

まずは、入居・引越費用が必要です。最低限必要なものを揃えるのに30万円くらいは用意したいものです。ミニミニでは、新生活に必要な家具・家電付きのお部屋「進化したスーパー君」も多数揃えております。

  • 一人暮らし引越に必要なアイテム

食事について

栄養のバランスなど考えながら自分で作る自信がなかった。

アドバイス:

食事は健康的に生活するためにも軽視してはいけません!インスタント食品などを買う時にでもサラダをプラスしたり、スーパーの総菜売場の量り売りを利用するなど工夫しましょう。

金銭関係

今まで家事をしたことがなかったので、洗濯や掃除など自分でちゃんとできるか不安でした。

アドバイス:

新生活が始まる前に少しずつ家の手伝いをして要領をつかんでおきましょう。あとは実際自分でやってみて失敗を重ねて学んでいきましょう。

ご近所トラブル

隣の人が怖い人だったらどうしようかと思った。

アドバイス:

下見の際、共有スペースの使い方などが住人マナーの判断材料になることも。また、引越挨拶をしてコミュニケーションをとることで、お互い快適に暮らせることもあります。

病気・けが

1人で倒れていたら誰が助けてくれるんだろう…。

アドバイス:

最寄の救急病院をチェックしておいたり、常備薬セットを用意しておきましょう。また、緊急時駆けつけてくれそうな人の短縮番号を登録し、普段からマメに連絡を取り合うようにしましょう。

ひとり暮らしを始めてからの困惑

ご近所トラブル

私は夜型の学生で階下の住人は昼型の社会人。毎晩部屋で宴会を催していたら、階下から床をノックされるようになった。

深夜、屋上に人が上がって宴会を開かれて困った。

アドバイス:

生活時間帯の違う住人とは騒音問題などトラブルが起きがち。掃除機や洗濯機の深夜の使用を避けたり、床に厚めのマットなどを敷き、音を吸収させるなど工夫をしましょう。
また、苦情などを直接言うと後々しこりが残る恐れもあるため、管理会社や家主さんなどに相談し、注意を呼びかけてもらうようにしましょう。

家事全般

家のことをすると休みが1日つぶれること。

ゴミの日を忘れたり、覚えていても間に合わなかったり…。ベランダに溜めることがしばしばある。

アドバイス:

入浴中に洗濯機を回して、出てきてから干す、お風呂掃除は毎入浴時、出る時に吸水口や浴槽など汚れやすい場所だけ洗って出るなど、片手間にやる習慣をつけるとだいぶ楽になります。
こまめに出すのが困難なら、臭いの出る生ゴミだけでもゴミ専用の密封できる収納箱を置きましょう。ベランダに設置する場合は、悪臭問題に発展しないように注意!

宅配の受取

宅配を受け取る時間帯に帰れない。

アドバイス:

不在が多いという人は、宅配ボックスの設備や管理人さんが在中している物件などがオススメです。部屋選びの際、仲介業者に相談してみましょう。

火の元

家を空けるときの火の元が心配。

アドバイス:

長期間家を空ける場合はガスの元栓をしめていきましょう。毎日のことなら、家電はタイマー付のものにしたり、コンセントから抜く習慣をつけて。喫煙家は吸殻を必ず水で始末してね!